19歳の女子大生の処女を頂いちゃったエッチ成功の体験談

今でこそ出会い系アプリや出会い系サイトは使いこなしてエロい女性と出会ったり、変態的なエッチ体験をしてますが、最初はどのアプリやサイトを使っていいかぜんぜんわかりませんでしたよ(笑)。大手ってことですぐにハッピーメール【18禁】に登録して…その最初の出会いとなったのが、由佳理ちゃんでした。
まだ19才で短大に入学したばかりというから、結構ドキドキしながらメールしていました。
「彼氏は?」と俺が聞くと「まだいないんです。」と答える由佳理ちゃん。
もしや処女かもと期待が増し、今度遊びに行こうと誘うと、あっさりとOKしてくれました。

しかもその時の時間が夕方の4時くらいだったので「もしかして今日これからでもいいの?」とダメ元で聞いてみると「今日は、バイトがないからOKだよ」と由佳理ちゃんからの嬉しい返信があり、すぐに俺は場所と時間を決めて会う話を取り付けました!

場所は駅そばのショッピングモール。その中にある本屋で俺が立ち読みしてると、それらしき女の子が…。スマホをいじってるのでもしやと思い、本屋から出ると俺の携帯に「いるよー!」とのメール。実際会ってみたら由佳理ちゃんは石原さとみに似ている清純系美少女。俺は心の中で「おっしゃ、ラッキー!!!」とガッツポーズをしました(笑)。
黒髪女子大生のオッパイ
ドキドキしながら歩き「こういうのって初めて?」と聞いてみたら、由佳理ちゃんは「2~3回くらいかな」とにっこり笑いながら話をしてくれました。
ただ、その続きがあって…「でもまだ最後までしたことなんだよね」と。

なるほど、これは裏を返せば「最後までしたい!」アピールですよね!と勝手に考えた俺は内心照れ笑いをしながら、とりあえず由佳理ちゃんの手を繋ぐ。由佳理ちゃんも嫌がることなく手を繋いだので「おぁ、やっぱりこれは最後まで行けちゃうでしょ!」と勝手に確信した私でした(笑)。本当はラブホテルに直行したかったのですが、さすがにその勇気はなかったのでレストランによって軽めの食事をして、若干のアルコールで緊張をほぐしてからホテルに向かいました。

由佳理ちゃんよりはエッチ経験がある俺は、アルコールの酔いも手伝い、由佳理ちゃんを抱きしめてすぐに服を脱がせて、自分も着ていた服を一気に脱ぎました。もうその時点で由佳理ちゃんも顔を火照らせて恥ずかしそうに体をくねらせていました。俺は変態かもしれないけど、エッチする前は女の子にお風呂に入って欲しくなく…汗とかオシッコの匂いが充満する体が大好きなので、そのままそのままベッドの上に押し倒してすぐにキスをしちゃいました。
黒髪女子大生のオッパイ丸出しとパンティ姿黒髪女子大生の下着後ろ姿
由佳理ちゃんは「お風呂に入りたいんだけどぉ…汚いでしょ?」と恥ずかしがりましたが、そんなのはお構いなしです。興奮気味の俺は強引に由佳理ちゃんの首筋やおっぱいの乳房、そして乳首をペロペロと舐めあげて、可愛らしいおまんこに指をゆっくりと入れながら、そのままクンニをしてあげました。若い子だと意外と感じることが少ないことがありますが、由佳理ちゃんは、クリトリスを舐められると可愛らしく喘ぎ声をあげてくれたので、俺のチンチンはギンギンでしたよ。ねっとりと舐めあげたオマンコは、もう入れてほしいといわんばかりにヌルヌル状態でした。

俺の目の前には19歳の女子大生の処女マンコが!

由佳理ちゃんはまだ処女だったので、ヌルヌル状態のオマンコではありましたがそこは焦らずに…挿入だけで10分くらいは時間をかけてゆっくりゆっくりおチンチンを入れていきました。ちなみに、生でハメてやりましたよ(笑)。由佳理ちゃんも何も言ってこなかったので、俺もあえてそこは確認せずに…さも当たり前のように生ハメです♪
奥まで挿入できてからはじっくりとゆっくりと動かしながらハメてあげたのですが、あまりにも締まりが良いので、ほんのわずかでも動いたらそのまま中出ししそうになるほどやばかったです。

由佳理ちゃんが痛がるのは可哀想ですし、せっかくの生ハメなんですから気持くよくなってもらいたいと思い、ゆっくりピストンしたあとは5分くらい動かずにただ抱き合う…みたいな時間を交互にしていたら…途中からは由佳理ちゃんもアエギ声を出してきました。俺のオチンチンもビンビンMAXになってきましたので「このままイクよ!いい?」と言ったらさすがに処女の由佳理ちゃんも「生で出して大丈夫なの?」と心配そうに聞いてきたので「処女膜があるから大丈夫だよ!」とワケのわからないことを言ってOKをもらいました(笑)。

ピストン運動も最高潮、由佳理ちゃんは若干痛がっていましたが途中からは俺もおかまいなしになり、ノンストップで発射!一週間分くらいの精子を中出ししてあげました。
俺は挿入したまま由佳理ちゃんに「気持よかった?可愛かったよ!」と言ってあげたら「痛くなかったー!途中から気持ちよかったよ」と言ってくれたので嬉しかったです。
しばらくベッドで抱き合い、そのあとはお風呂に二人で入り、お互いの体を洗いっこしたり、キスしたりして余韻を楽しみました。
20160228151527f13s-400-1
ラブホテルのお会計は休憩料金で4000円でしたが、しっかり割り勘にしてバイバイ。
由佳理ちゃんとはそれきりでしたが、処女とエッチできたのでラッキーでしたね。
その後はいろいろな出会い系アプリや出会い系サイトを使うようになりましたが
ハッピーメール【18禁】は大手だし、歴史もあるので期待は裏切らないと思いますよ♪
現に俺もいまだに使っていますからね。