近所に住むギャルっぽい女子大生と即ハメ中出しした体験談

今回は、近所に住んでいる19才の女子大生と即ハメ出来た話です。

登録しているワイワイシー≪18禁≫を使いこなしている感じで、メールをしてくる女子大生の
レイカちゃんは、今日の夕方が暇だと言うのですぐに「じゃ、今から会おうよ!」とメールを送り会うことができました。

その時点でまだ写メは見ていなかったのですが
俺の中ではヤレるなら誰でも良いという考えもあったので
写メ交換の駆け引きメールをやり取りして時間を費やすよりも
パパッと会えるならそっちのほうが効率的だと考え、即アポを決めたわけです。

女子大生がラブホでオッパイ丸出し

会ってみると手足がスラッとしており、
しかも顔立ちもよく、芸能人でいうと上戸彩みたいな感じでラッキーでした。
会ってすぐに手を繋いで、レストランや居酒屋に行くこともなくラブホテルに直行(笑)。
時間にして夕方の6時でしたので、少し暗めな雰囲気が功を奏したかもしれません。

着いてからは、まずはレイカちゃんの顔をずっと眺めていた俺に、
「どうしてそんなにジロジロ見るの?」と笑いながら話すレイカちゃん。
俺が「いや、可愛いからついつい」とエロ顔で答えると、
「もう~恥ずかしいよ~♪」と言いながら一緒に座っていたソファーの上でゴロンと横になってくれました。


30分前まで服を着ていた女子大生と即ハメ開始♪


そのまま俺がレイカちゃんの服の上からオッパイに軽く手をあててモミモミし始めると、
「上からじゃヤダ~。もっと中に手を入れてよ♪」と甘えたような声で言うので
即オッパイに直接モミモミさせて頂きました(笑)。
しかもレイカちゃんのオッパイはすでにビンビン♪
俺も上着を脱いで、舌を絡ませるキスをたっぷりとしてから、全部脱いでお風呂に入りました。

女子大生がベッドの上で全裸

泡風呂状態にしてから2人で湯船に入り、
レイカちゃんの生パイを揉んだり、イジったりして遊びましたよ。
風呂から上がってタオルで水を拭きとってから本格的にエッチが始まりました。
「来て来て~♪」とベッドの上に寝転がるレイカちゃんを追いかけて、ベッドイン♪
すぐに、オッパイを吸ったり指でオマンコをいじったりと、とにかくレイカちゃんのエッチな体をまさぐっていました。
レイカちゃんは敏感らしく、耳に息をふきかけると「ヤダ~、変な気持ちになっちゃうよんぷ」と言いながら気持ちよがっていましたね。

そのあとレイカちゃんにフェラチオをしてもらったんですが
舐めるのが結構うまくてチンチンがみるみるうちに大きくなっていきました。
でも、このまますぐには射精なんてしませんよ!!と思いながら
ガマンできるか心配でしたが、生チンで正常位で挿入したんですよね。

女子大生が大きいオチンチンを根元までおしゃぶり

ラブホテルのベッドは、弾力性があってエッチに向いているな~と感じながら
腰をガンガン動かし、そのたびにレイカちゃんのエッチな声が部屋中に響きました。
そしてレイカちゃんをベッドから起こして、ベッドの横で立ちバックをしました。
今までやったことがなかったのですが
ベッドに手をつかせて、お尻を突き出させるポーズはとてもイヤらしくて
僕も腰を振りながら興奮していましたよ。

それからは、今度は騎乗位でレイカちゃんに上に跨ってもらい
思い切り腰を動かしてもらいました。
レイカちゃんは「騎乗位なんてやったことないから、すっごいエッチだね♪」と恥ずかしがっていましたが、けっこう上手に腰を振っていました。
あまりに気持ちよくて、俺は勢いとともに中出ししちゃいました(笑)。

終わってからまた2人でお風呂に入ったんですが、その時にいろいろ話して
見た目はけっこうギャルっぽいけど、実はマジメに勉強をしていることとか、
将来は弁護士か検察官になりたいとのことで、ビックリしましたよ。

大学や勉強のストレスもあって
ワイワイシー≪18禁≫は時々使っているみたいですね。
僕以外にも即ハメしちゃった相手はいるみたいでしたが、
会ってからすぐに即ハメしたのは僕が初めてみたいです(笑)。

やっぱり初めてのメールのやり取りから即アポまでは
時間を掛けないやり方のほうが僕には合っているのかもしれませんね。
嬉しい一日でした。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする