可愛い肉食系OLに誘われラブホテルで中出しエッチ体験談

今回は仕事帰りのOLとHした話をします。愛用のワイワイシー≪18禁≫を使いだしたのが夕方の5時。
その頃の時間帯は一般のOL達が仕事を終わらせて帰り始めたりするんですよね。
だから、ちょうどいいかなと思い、メールを送っておいたのです。
「仕事おつかれさま、今からもしよかったらお茶でもしない?」と。

さっきまで仕事モードだったOLが急にHとはいかないかもと思い、
最初はレストランか喫茶店で食事でもと思い誘いを掛けてみたわけですよ。
全部でコピペで5通ほど職業がOLの子に送っておいた。
そのうち1通から「今仕事が終わったばかりだけど、食事でもしに行こうよ?」と逆に誘われた感じで返事がきました。

これにはかなり嬉しくなって、すぐに「どこで待ち合わせしようか?」と返事を送ると、
「近くのレストランで待ち合わせにしよう?6時半くらいでいい?」と返ってきました。
即OKしてお出かけしてきましたよ。コンドームも一応もってね。

OLが上半身裸でオッパイ丸見え

無事待ち合わせ場所について、メールで「今着いたけどどこにいるの?」と。
俺を見つけてくれたのか「恭子だよ。」と声を掛けてくれる女の子がいたのです。
みると会社帰りのOLという感じの女の子が立っていました。
恭子は、ちょっときれいな女性じゃん!ラッキーと心の中で思っていました。

レストランに到着するとすでに恭子はハンバーグ定食を頼んでいたので、俺はステーキを注文しました。ついでにデザート・コーヒーとケーキもそれぞれ追加注文でした。

ゆっくりと食事をとり約1時間半くらいの間に仕事のことや彼氏のことなどさまざまな恭子情報を聞き続けました。
意外とそれが良かったのか仲良くなれちゃいました。
その後、ごはんを食べ終わりお会計も割り勘でお支払い。

もしやこのまま帰るのかと思ったのですが、
手を握ることができ、そのまま二人でちょっと公園のベンチで語りました。
将来の夢をあらかじめ考えていたので、それを語ってあげると
「いい夢を持っているんだね」と好印象を持ってもらえ、そのままキスできちゃったのです。
しかも「夢を持っている人が好きだからラブホテルでHしても良いよ?」と積極的に誘ってくれたのです。
昨日の晩に、どんなときでも夢を言えるように適当に考えておいたのが良かったようです。

ラブホテルに入り、欲求不満のOLとエロ体験スタート!

ラブホテルに着いてから恭子とソファーに座ってAV鑑賞を楽しんだのです。
つい癖で、おちんちんが勃起しているのをすぐに悟られてしまい、恭子にズボンの上から軽くおちんちんを触られちゃったのです。
「おちんちん大きいね。」と褒めちぎってくれました。
それならと思いズボンや下着も脱いで直接触らせてあげました。

手で上下におちんちんを動かす恭子は凄くエロくてこのまま発射しても良いと思ったのですが
「舐めてほしいな」と要望してみると、
「いいよ」と言ってくれて、おちんちんの亀頭部分から舌で丁寧に舐め始めたのです。
小さいお口なのにおちんちんを舐めている仕草は、AVでは満足できないほど良かったですね。
「私もほしくなっちゃった」と言い恭子もスカートも下着も脱いで「ここ舐めて?」とお願いしてくるではないですか。

じっくりとおまんこを舐めさせてもらえちゃいました。
指で触るとしっとりとしたクリトリスからおまんこの入口をとにかく舌を使ってアイスクリームでも舐めるかのようにねっとりと舐め回してあげると「あん・・・」と何度も、喘ぎ声をあげて悶えていたので、とても素敵に感じました。ソファーのままでは落ち着かないのでべッドに移ることに。

美人OLがベッドで四つん這い

恭子の体を抱きしめるようにして、ゆっくりとおちんちんをおまんこの中に入れてあげてから「コンドームなくても良いの?」と聞いてみると「大丈夫、ピル飲んでるから」と大胆発言!
こいつはヤリマンだなと悟った私は、とにかく刺激的にセックスをしてあげました。
正常位でも、力いっぱい腰を振り、バックでも座位でもすぐにイキそうになりながらも、
途中で辞めてはハメるの繰り返しだったのです。

それでも30分も持たずに恭子の中にだしてあげると、
「Hはとっても気持ち良かった。。。」と照れていましたよ。

お風呂にも入っていない状態でセックスをしていたので、
少し汗臭い気もしましたが、臭いがたまらなく好きな俺なので楽しかったですね。
もちろん終わってからは一緒にお風呂に入り、帰りの際は恭子にお金を払わせました。

今回もまたワイワイシー≪18禁≫に楽しませてもらいました、サンキュー♪


いつまでサクラに騙されるの?≪18禁≫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする