キャバ嬢のストレス解消エッチにつきあった結果、生ハメ三昧の中出しフィニッシュとなった即ハメ体験談

今回はキャバクラでバイト中の女子大生と中出しエッチした話をしますね。
欲求不満の人妻とかOLもいいんだが、たまにはお上品な感じの女性ともエッチしたみたいと思ったので、キャバ嬢として働いてる女性にメールを送ってみました。
使ったのはウラデジ。プロフにキャバ嬢とか…サービス業、接客業とかって書いてる女性は怪しいですよね(笑)。
5人ほど送り、3人から返事がきたので、返信率としてはイイほうですよ!その中から写メを送ってもらって可愛い女の子と遊びにいったというわけです。

キャバ嬢プロフ↓↓↓
名前:奈月
年齢:22歳
身長:155㎝
体型:細め
職業:女子大生(バイトでキャバクラ勤務)
胸:Dカップ
顔:二重の目が印象的なアイドル系の女の子

女子大生キャバ嬢が下着姿でエッチ誘惑

待ち合わせをしたのは、駐車場付きのコーヒーショップですが、会ってみると可愛らしくてドキドキしちゃいましたよ。
すぐにコーヒーを頼んでちょっとだけ話しました。
あまりにも話が長いと飽きられるんじゃないかと思い、さっさと切り上げたんです(笑)。
少しでも打ち解けたと感じた俺は「俺、奈月はけっこうタイプなんだよね。エッチしたいと思ってるんだけど、どう?」と直球大胆な誘いかたをしてみましたが、すると…もしかしたら帰ってしまうんじゃないかという悪い期待を見事に裏切り「っていうか私も最初からそのつもりだよ(笑)」と言ってくれたのです。

ホントは両手放しで喜びたいところでしたが、ここは冷静にいこうと思い、手を握り車に乗りそのままラブホに直行したのです。
ラブホテルに着いて部屋に入ってから「OKしてくれたのはなんで?」と聞いてみると「キャバのバイトでストレス感じてるからその憂さ晴らし」なんですと。
俺のことが気に入ったわけではなかったわけですね(笑)。


女子大生キャバ嬢の欲求不満のトロトロオマンコを顔面騎乗で堪能(笑)


まぁどんな理由でもエッチしてくれるならOKだと思った俺はすぐに全裸になり、奈月の服も脱がしました。二人で裸になってからまずは風呂に入ったのです。
ラブホテルの定番と言えば俺の中では泡風呂なんですが、奈月の体中を泡まみれにして、オッパイをつねったり、乳首を指で挟んで左右にプルプル振ってみたりと色々遊ばせてもらいました。
湯船の中でお互いの体を触り合いながらディープキスをして、ベッドの上に移動してエッチを開始しました。
ストレス発散だと言っていたわりには人懐っこい性格で俺にいろいろ奉仕してくれました。俺のチンポを優しく触り、タマタマのほうまでさわさわして気持ち良くしてくれたり、フェラでは竿も根本までしっかりと舐めてくれたり、尿道のほうまでチロチロと舐めてくれたりして、すっごく気持ち良かったですね。

そして、俺もお返しをしないといけないなと思い、奈月に仰向けになってもらった状態でオマンコをいっぱい舐めまくり、さらに俺が奈月の下に潜り込み、オマンコを俺の顔の上のところまで持ってきてもらい、奈月が壁に手を付けた状態で顔面騎乗位の形となり、オマンコをいっぱいご奉仕してあげました。
これには奈月は「こんなエッチなこと、初めてされちゃってドキドキしたよ」と満足な表情でした。

女子大生キャバ嬢がベッドの上で大胆セックス

オマンコもいっぱい舐めてあげてトロトロになったので、そのままオチンチンにコンドームをつけて挿入しようかと思い「コンドームはつけた方がいい?」と聞いてみると「どっちでもいいよ?私、ピルを毎日飲んでいるから」と言ってくれたので、そのまま生チンの状態で挿入しちゃいました。
すごく締まりのいい奈月のオマンコにゆっくりと刺激を与えていくと「あっ、あぁぁんん♪」というなんとも言えない可愛らしいアエギ声が漏れてきました。
正常位だけではもったいないので、ベッドから降りて、奈月に壁に手をついてもらい、立ちバックで激しくハメたり、ベッドに座ってもらい座位をしたりと、様々な体位をして乱れ狂う奈月の姿を楽しんでいました。
締め付ける奈月のオマンコが気持ち良すぎて、僕はそのまま中出しをしてフィニッシュしました。

終わってからも奈月にオチンチンをしっかりお掃除フェラをしてもらい、ザーメンを吸い尽くしてもらいました。
ストレス解消エッチっていうから、俺のほうが色々ご奉仕したほうがよかったかなとは思いましたが結果的には俺のほうがご奉仕してもらった感じになっていました(笑)。

ウラデジにいるキャバ嬢やサービス業の女性は、ストレス解消目的で会える率が高いと思うので、プロフ見てみてビンゴだったら狙い目だと思いますよ!そのほかだと…変わったところではトラック運転手のギャルとかもいましたね。ずっとハンドルしか握ってないから欲求不満らしく、たまにはチンコを握りたいんだって(笑)。