彼氏とのエッチ前に呼び出し、ギャル学生を精子まみれにしてやった中出しエッチ体験談

【会員数100万人★ワクワクメール★】で知り合った専門学校の女、莉緒。
20歳で経験人数は3人らしい。メールを繰り返すと会いたい、と言ってきた。正直なところもう少し上の年齢でエッチ慣れしてるほうがよかったんだが、たまには学生さんもいいかと思い、チャレンジしてみることに。
一回り以上の年齢差があるから話も合わないし、写真から察するになかなかのギャルである。
車でドライブに誘ったら、喜んでいた。どうやら同級生はまだ車を持っている男はいないらしい。

当日の莉緒は超ミニスカートで私を誘惑してくる(笑)。
莉緒は最初からヤル気満々だったらしく、そのままラブホへ車を停めた。
部屋に入るなり「舐めてあげようか?」とフェラをしたがってきた。ベッドに横になりズボンを下ろすと、経験人数3人といったわりには気持ち良いテクニックだった。
手慣れた手つきと舌使いで音を立てながらチンチンをしゃぶり、高速にフェラをする。
20歳にしてはかなりの技だ。

ギャル女子大生が車の中でオッパイ丸出し

こちらも負けていられないと思い、莉緒を愛撫しながら脱がせていくと、派手なブラと派手なパンティ、さすがに20歳だった(笑)。
色白で真っ白な柔肌にピンクの小ぶりの乳首、体毛も全体的に薄めでいかにもという感じである。
手マンやクンニはそこそこに済ませ遠慮無く生ハメさせていただくと、莉緒は細身の為か締まりがよかった。
生ハメには抵抗はないのか、莉緒からは何も言われず。激しく突いても「痛い」とは言われず、むしろ体をのけ反らせて感じているようだ。
それならばと思い、こちらも思いっきり腰を動かしてやった。

ギャル女子大生が手コキでチンチンをしごく

20歳の柔肌に細い足と手、普段はあまり接しないギャル、それだけで興奮したし、あまり使われていないオマンコがまた気持ちよかった。
莉緒に上になってもらい騎上位をすると、腰使いがまたエロい。前の彼氏にでも仕込まれたのだろうか。
前後にくねらせるように腰を振ったり、細いウエストから繰り出される腰振りがエロかった。
万が一を考えて、この時は中出しではなく腹に射精。
莉緒は気持ちよさそうにしていたが、イッたのかはわからなかった。


20歳の柔肌をたっぷり味わい、彼氏よりも先に中出しお仕置きエッチ(笑)


相性がよかったので、それから数回同じことを繰り返し、車で誘ってはラブホに入り、20歳の柔肌を堪能した。
まぁ申し訳ないが、俺にとっては完全に性欲処理の道具としてしか見えなかった。
それから数週間後、莉緒とエッチがしたくなった俺はいつものように電話して呼び出そうと思っていた。しかし…「今日は無理、彼氏が遊びにくるから」とあっさり断られた。
莉緒に彼氏がいる事をこの時初めて知ったのだが、なんだか余計に襲いたくなった。

「少し話すだけ」と莉緒をいつもの駐車場に呼び出した。莉緒はこれから彼氏とエッチするのだろう、超ミニスカートだった。俺は「ホテル行ってエッチしようよ?」と再度誘うと「無理、彼氏がこれから来てエッチするから」と言われた。その瞬間、俺は嫌われるのを覚悟で襲うことを決めた。
車の中に莉緒を引っ張り込み、手を抑えて、ミニスカートに手を入れてパンティを脱がし、アソコを触った。
莉緒は嫌がったが濡れていて「莉緒もしたいんだろ?」というと大人しくなり、すんなりエッチに持ち込むことができた。スカートは穿かせたままパンティだけ下し、チンチンを生で入れて無理矢理ピストンを開始した。

ギャル女子大生が車の中でエッチギャル女子大生が車の中でオッパイ丸出しで騎乗位

彼氏とエッチする直前に俺の精子で汚してやると思うと妙に興奮して、征服欲が爆発した。
莉緒は「彼氏が来ちゃう、来ちゃうから」と私に言い、嫌がりつつもアソコからは愛液が溢れ出ていた。
ピストンを始めて10分ぐらいだろうか、射精感が溢れ気持ち良さは一気に最高潮に。
嫌がりながらも感じている莉緒の顔を見ながら、一気に中出ししてやった。
ドクドクと精子を莉緒に注ぎ、最高の快楽を得た。もう会わないと思ったのでスカートにも引き抜いた精子まみれのチンチンをたっぷりと擦り付けて、精子を付けてやった。

案の定、この件がきっかけて莉緒とは連絡が取れなくなった。
まぁ20歳の柔肌を堪能したんだから、それで御の字だ。
【会員数100万人★ワクワクメール★】がなければ会うことも出来なかったわけだから。